公開シンポジウム2021
研究発表

【共催】公開シンポジウム2021動画公開中です

日本応用心理学会公開シンポジウム2021「カスタマーハラスメント ー心理学的アプローチの可能性を探るー」のWebサイトが公開されました。当日資料や写真のほか、シンポジウム動画(期間限定)も公開されておりますので、ぜひご覧いただけば幸いです。

<日本応用心理学会 公開シンポジウム2021 サイト>https://j-aap.jp/?p=11762


【話題提供者】
「これまでの研究動向とカスハラ加害者について」
 桐生 正幸 氏(東洋大学) 

「一般請求と保険金詐欺におけるクレームの特徴〜カスハラ実態を俯瞰的に考え、心理学的な解決策を探る〜」
 阿部 光弘 氏(三井住友海上火災保険株式会社)


「日本対応進化研究会について〜カスハラ被害から対応者を守るために〜」
 近藤 修 氏(日本対応進化研究会)

「サービスする側も、される側も共に尊重される社会を目指して〜アンケート調査から見えるカスハラの現状〜」
 安藤 賢太 氏(UAゼンセン)

「カスタマーハラスメントによる対応者の心理社会的影響」
 島田 恭子 氏(東洋大学・(社)ココロバランス研究所代表理事)

「心理学 × データサイエンスを活用したカスハラ対策」
 宮中 大介 氏(慶応義塾大学・(株)ベター・オプションズ)

【指定討論者】
 上市 秀雄 氏(筑波大学)

【司会】
 小嶋 理江 氏(名古屋大学)

(名古屋大学)