研究発表

【カスハラ研究】「カスハラにおけるCOVID-19パンデミックの心理的影響」発表報告

8月28日〜29日開催の日本応用心理学会 第87回大会において、「接客対応者へのカスタマーハラスメントにおけるCOVID-19 パンデミックの心理的影響」について発表を行いました。

今回は、UAゼンセン(全国繊維科学食品流通サービス一般労働組合同盟)が2017年・2020年の2回にわたって実施した大規模調査の分析結果から、新型コロナウィルス感染症に関する部分を報告しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です