公益社団法人消費者関連専門家会議・ACAP東京例会にてカスハラ対策講演(桐生教授)

ACAP 2月東京例会において、東洋大学・桐生教授が企業のカスハラ対策について講演しました。

ACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議)は、企業や団体の消費者関連部門の責任者や担当者が業種を超えて集う内閣総理大臣認定の公益社団法人であり、企業支援や消費者・行政・企業のかけ橋として活動、調査研究等幅広い活動を展開しています。


【ACAP 2022年2月 Web東京例会

日時: 2022年2月24日(木)

内容:

「企業における消費者対応体制に関する実態調査報告書2021」について
ACAP研究所所長 佐藤 喜次氏

「昨今の炎上対策とそのトレンド」
株式会社エルテス コミュニケーション部長 江島 周平氏

「カスタマーハラスメントの現状と企業における対応
〜企業も従業員も消費者も守る心理学〜」
東洋大学 社会学部長 桐生正幸教授


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。